旅がもたらすストレス解消効果

仕事に追われる毎日で気がつけば家と会社の往復ばかり、たまには休暇を取って旅に出かけたい、そう思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。旅は日常とは違う環境に身を置くことになるため、様々な効果をもたらします。その効果の一つがストレス解消効果です。日頃の生活でストレスを感じている場合、旅に出かけて普段とは全く異なる環境で過ごすことで感情をリセットすることができます。人がストレスを感じている時、体の中で副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールが分泌されます。このホルモンは旅に出かけると、だんだんと減少していくことがわかっています。この事実からも旅に出かけることでストレスを解消する効果があるということがわかります。

幸福感をもたらす効果と免疫力を高める効果

旅にはストレス解消効果の他に、幸福感をもたらす効果と免疫力を高める効果があります。旅に出かけた1日目の夜を中心に、セロトニンと呼ばれる幸福感をもたらす成分が脳内にたくさん分泌されます。それに加えてα波が多く出るため、幸福な気分を感じている上にリラックス効果も感じることができます。また、がん細胞の増殖を抑える働きをするナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞の働きが活発になり、免疫力を高めてくれます。これらのように旅の非日常的な環境に身を置くことで、様々な効果をもたらすことがわかっています。日頃の生活でストレスを感じている、気分転換をしてリラックスをしたい、そのように感じたらそれは体からのサインかもしれません。少し休暇を取って旅に出かけてみませんか。